量子コンピューティング・ワークブックへようこそ!

このウェブサイトは、量子コンピューティングを手を動かして学びたい方のための入門教材です。量子力学や計算科学の前提知識を極力必要とせず、大学一年程度の数学とPythonプログラミングの知識があれば、ゼロから量子コンピューティングを自習できるような教材を目指しています。

内容は東京大学素粒子物理国際研究センター(ICEPP)の研究者が選定・執筆しました。私たちの関心は、量子計算そのものを理解することでもありますが、それ以上に量子コンピュータを実際に使って科学や技術を進展させることに向いています。そのため、この教材で扱うトピックや順番は一般的な量子コンピューティングの入門書と異なっています。より体系立った量子計算の理解のためには参考文献に挙げた入門書をおすすめします。

このワークブックは、東京大学量子ネイティブ育成センターによる講義「IBM Qを使った量子コンピューター入門:ハードからソフトまで」の付属教材でもあります。教材の章立ては講義の時限に対応しており、各章の最後に実習課題が設けられています。受講者は課題ページ中で指定された内容をレポートとして提出してください。

ワークブック全体を通じて、QiskitというPythonライブラリでプログラムを書き、作成した量子回路をIBM Quantum Experience (IBMQ)の量子コンピュータで実行します。IBMQを利用するにはアカウントを作成する必要があるので、実習を始める前に実習の準備を参考に準備をすることをおすすめします。